医療法人 滋誠会 山根病院

HOMEお問い合わせサイトマッププライバシーポリシー

痔の治療法

内痔核・直腸粘膜脱の最新治療法<PPH>

従来は痔核を直接切除する方法が一般的でした。
しかし、この方法は痛みを感じる肛門の外側に傷ができるため、術後の痛みは避けることができない事でした。
これに対してPPHは痛みを感じない肛門の内側を輪状に切除する全く新しい方法で、ヨーロッパを中心に行われるようになりました。

今まで、痔を患っていても手術が大変・痛そう・長期入院しなければ完治まで時間がかかりそうとお考えになっていた方、ご安心ください。
当院では、この新しい治療法でお悩みを解消します。

このPPHと呼ばれている器具を用いた手術法は、1193年イタリアのロンゴ博士によって開発され、現在ヨーロッパで主流となっています。
当院では、この最新の技術を導入し施術しております。

―利点―

  • 早期退院・早期社会復帰が可能です
  • 術後の痛みが少なく、傷が残りません
  • 排便にも支障ありません

このページのTOPに戻る

最新治療法<PPH>の手順

STEP1

内痔核は進行すると、排便時などに肛門の外へ脱出するようになります。また、一緒に健康な粘膜まで肛門の外へずり落ちてきます。

ステップ1

STEP2

麻酔をかけ痛みを感じない粘膜を処置します。

ステップ3

STEP3

機械を肛門から挿入し、緩んだ粘膜の切除と縫合を同時に行います。

ステップ4

STEP4

緩んだ粘膜を切除したので痔核は元の正しい位置に吊り上げられ、痔核にそそぐ血管を遮断するので痔核は次第に小さくなります。

痔のタイプによっては、PPH法で治療できない場合があります。
痔かな?と思ったらお気軽にご相談ください。

ステップ2

痔のタイプによっては、PPH法で治療できない場合があります。痔かな?と思ったらお気軽にご相談ください。 このページのTOPに戻る