医療法人 滋誠会 山根病院

HOMEお問い合わせサイトマッププライバシーポリシー

痔の種類

肛門にはいろいろな病気があります。よく診かけるものについて簡単に説明します

痔核

一般にいぼ痔といわれるもので肛門の外側に発生するもの(外痔核)と内側に発生するもの(内痔核)があります。

外痔核

外痔核は校門の外側に皮膚のたるみのような疣(いぼ)状のもので時々腫れて痛くなります。

内痔核

内痔核は肛門の内側にでき血管の塊のようなものです。
軽いものは硬い便を無理に出した時に少量の出血がありますが痛みは伴いません。大きくなると出血量も多くなり排便時、疣(いぼ)のようなものが肛門から脱出するようになります。

このページのTOPに戻る

裂肛

一般に切れ痔といわれるもので肛門の粘膜が裂けた状態になっています。
排便の時に痛み出血を伴い、痛みが強くて排便ができないようになることもあります。
慢性化したものは肛門の外側に疣(いぼ)のようなもの(みはり疣)ができ、肛門の内側に硬い疣ができ(肥大乳頭)排便のたびに脱出するようになります。

このページのTOPに戻る

肛門周囲膿瘍

肛門のまわりに化膿が始まり膿が溜まった状態です。はじめは何となく重苦しい感じがするだけですが、少しずつ腫れぼったくなり歩いたり咳などをすると響くような強い痛みを感じるようになります。自然に破れて膿が出てくることもあります。

肛門周囲膿瘍は痔ろうの始まりなのです。

このページのTOPに戻る

痔ろう

肛門のまわりに押さえると痛みがある硬いかたまりを触れ、時々少量の排膿がある状態をいいます。細い管で肛門の内部とつながっており、硬い部分だけを切除しても必ず再発します。
いろいろなタイプがありますが大部分は深くなったりあちこちに枝別れして悪化します。時には膿が多量に溜り肛門周囲膿瘍になることもあります。

専門医の手術であれば再発や肛門機能の低下はほとんどありません。

このページのTOPに戻る

肛門周囲湿疹

肛門のまわりがただれてかゆくなる病気です。肛門を紙などの硬いものでゴシゴシこすることが主な原因で、こすることによって肛門やその周囲に浅い傷ができ弱い痛みがかゆみに感じるためますますこすっているうちに慢性化します。ひどくなるとかゆくて夜も眠れないほどになる場合があります。

あまり治らない時には専門医に診てもらって下さい

このページのTOPに戻る